読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライブ

朝、起きても昨夜の酒が抜けていないようで振り子のように頭がぐらぐらした。部屋に転がっている水のペットボトルを手に取り勢いよく飲んだ。生温い。

 

ライブが終わり、私は目を閉じた。

バンド編成で見たい。昨日のネギまの味がぶり返した。ギターポップが多い印象。終電を逃して5時間近く歩いた日の太腿はパンパンで死にたくなった。二日酔いの影響で、お腹を下して何度もトイレに行って出すものを出した。全てのことから逃げたい。もっとこうすればいいのにと思うけど、きっと自分だったら客観的にはみれない。男として見てくれ。ほとんどの人が自分より年下だと思うと少しゾッとした。キスがしたい。沖縄に帰りたい。金がほしい。見捨ててほしい。うなぎが食べたい。好きなバンドを気になっていた女の子にダサいと言われたことを思い出した。

 

私は我に帰り、トイレに駆け込んだ。何時間か前よりも体が重くなった気がしたし、鏡で自分の顔を見ると夕日に照らされたように赤らんでいた。