読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライトフライ

職場に右田 (みぎた)という苗字の上司がいる。いつも珍しい苗字だなと思いながら名前を呼んでいる。先日、いつものように右田さんと名前を呼んだときに、ふと思った。もし右田さんが、恐らくいないだろうとは思うが、左田(ひだりた)という苗字の人と結婚するとなると苗字はどうするのだろうかと。

今の時代は世間的にも夫婦別姓や妻の姓を名乗ることに寛容になってきたとニュースで見た。

右田さんが左田さんを名乗ろうとも、左田さんが右田さんを名乗ろうとも、どちらにせよ一般的な苗字の夫婦より少し心が落ち着かなさそうである。今まで右で呼ばれてたのに、左で呼ばれてたのに、右を信じてきたのに、左を信じてきたのに、と心の声が聞こえてきそうだし、すぐに破綻しそうな気がしてしょうがない。

もし自分がこの2人のどちらかで姓を選択しなければならなくなったとき、迷わず左田を選ぶだろう。

左へ曲がれば光る海のようなものが見え、いつまでも続いてほしいと思える美しい瞬間がきっと待っているから。

女のコからオンナへ

仕事帰りデパートの中にある本屋で雑誌を立ち読みしていたら、その本屋の丁度向かい側に最近オープンしたらしいコンタクトレンズ屋さんで店員が眼鏡をかけた女子中学生に対して身振り手振り熱心にコンタクトの説明をしている様子が見えた。女子中学生は女子中学生らしくスカート丈が長くアディダスのスニーカーを履いているし、きっとうぶな女の子だろう。店員の話を上の空で聞いてるようにも見えた。話の内容は聞こえない。雑誌を読むふりをしてその2人の動きをじっと見た。相変わらず店員は店員で大きいそぶりで説明をしている。その店員が途中で腰を屈めたとき、女子中学生が少しだけ後ずさった。なぜだろう。何かしら希望を抱いてそのお店に入ったはずなのに、店員の話を聞いて今日と明日の自分の変わり様に少し驚いたのか。いじめられたり、好きな男の子に引かれたりしないか、と不安になったのか。明るい未来が待っているといいな。その女子中学生がコンタクトを買ったのかどうかはわからない。

1年ほど前、本屋で働いていた頃、同僚の女の子が急に眼鏡からコンタクトに変わっていて、大人っぽくなり少し色気も感じられた。それに気づいた時、もしかしたら彼女は俺に何かしらアピールするために変えたんじゃないかと思い出勤する度にドキドキした。その数日後、彼女は職場の同僚と付き合い始めたという噂を聞いた。水たまりに飛び込みたくなった。

ボブディランを敬愛する君へ

いきなりですが手紙書きますね。びっくりしないでください。どうですか神戸は寒いですか?きっと海が近いから寒いでしょうね。こちらもなかなか寒いです。手がかじかんで外では煙草も上手く吸えません。なんだか最近政府が喫煙者を排除しようとしているらしいですね。しょうがないですかね、煙草は誰の得にもならないですから。まあ僕はやめるつもりありませんよ。だって言ってくれたじゃないですか行きつけのバーで君と一緒に飲んだとき「しんがきさんは煙草が似合っています。だから絶対にやめないでください」って。そのとき僕、なんだそれって思ってビール吹いて笑っちゃったけどなんかよくわからないけど嬉しかったです。改めてありがとう毎日吸ってます。

先日、熱海の商店街を歩いてたら歩道にアブラゼミが横たわっていましたよ。さすがに笑っちゃいました、お前そんなとこで何してんだよっ冬だぞっ!って。もしかしたらアイツは他のアブラゼミと違って強がりで見栄っ張りだったのかな。蝉でも大変ですね強がりとか見栄っ張りって。

君のお父さんは確か陶芸家でしたよね。僕、君のお父さんがつくったもの必ず何かしら買うって言ってたのにまだ買ってないや、ごめんなさい。買いますいつになるかわからないけど、必ず買います。僕は守れる約束しかしない側の人間だから安心してください。約束。

今、中学生の頃よく聴いたり唱ったたりした「心の瞳」って曲を聴いているんですけど作詞は坂本九なんですって。知ってました?僕は今さっき知りました。坂本九最後の曲らしいです。素晴らしい歌です。今度、部屋を真っ暗にして聴いてみてください。安らぎますよ。

君は最近どんな歌を聴いて毎日をやり過ごしていますか?よかったら教えてください。

また会いましょうどこかで。とりあえずまた会いましょう。手紙も書きます。んじゃ。

                                             しんがき りゅうじ

 

昔、親戚のおじさんに蝉を食べる人がいた。おじさん曰く蝉はカルシウムが豊富だから骨も強くなるし身長が伸びるから食べたほうがいいと。俺は嫌で嫌で食べれなかったけれど、もし、その時おじさんに言われるがまま蝉を食べていたら身長は伸びていたのだろうか、170センチ以上の景色が見られたのだろうか。蝉の鳴き声を聞くと思い出すあの蝉おじさんはガリガリで身長も小さかったような気がする。