読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サンデーモーニング

私が「アイスコーヒーお願いします」と注文したときに、カウンターの向こうに立つ店員が不思議そうな顔を浮かべて言った。

「アイスでよろしいですか?ホットもございますが」

私は彼女の優しさに心から感謝しながら、「そうですよね、こんな真冬にアイスを注文する大バカ野郎はいませんよね」と笑った。

「お客様の自由ですので、大バカ野郎だとは思いませんが、私ならホットを頼みます」と言いながら彼女は自分の頬を撫でた。

私が照れて何気なく後方を見遣ると、長い列ができていて、全員が私をにらんでいた。

彼女は「一瞬ですよ。何もかも一瞬なんです。だから、その」と何かを言いかけて、やめた。

私は恥をかかされた気持ちになり、大声を出した。

「ここにいる奴らは恋を知らないんですよ!誰かを好きになったことがある人間ならね、あんな目で人を見ることなんてできやしませんよ。ところであなた、とても素晴らしいことを言いましたね。一瞬。恋はね、その一瞬が永遠に変わる唯一の魔法ですよ」

「魔法使いになれる瞬間ですね、恋は。私があの人たちを石にしてしまいましょう。そして、ゆっくりホットコーヒーを飲んでください。あれ、アイスコーヒーでしたかしら?」

「いや、何でしだっけ?私が欲しがったのは。わからなくなるんですよ、時々。あなたがさっき言った、というか、あなたのことをさっきあなたって呼びましたっけ?君でしたか?それとも店員さん?お給仕さん?どうでもいいか。どうでもいいわけないか。どうでもいいことなんて。ねえ」

私はそう言いながらジャケットのポケットに手を入れて小銭を取り出そうとしたら、指先に何か別のものが触れた。それは小石だった。先日河川敷に行った際に拾ったものだ。それを握ったり離したりしながら、もう一度後方の長い列を見た。

私はすぐ後ろに立つ男に言った。「この店のBGMはジャズですね。ほら、ドラムがシンバルでリズムをとってるでしょ?スウィングですよ、これが。スウィングジャズ。音楽はね、恋と同じで永遠。だから時間を忘れてお楽しみください」と頭を下げ、ポケットから石を取り出した。「ほら、何か感じるでしょ?」

男は「ただの石じゃないか。早くしてくれ、私には時間がないんだ」と言った。

私は男に「時間が止まる瞬間をしっかり感じてください。このリズムが今なんですよ」と言った。彼女はクスクスと笑った。

私は彼女の笑顔に癒されながら「今日が私の65歳の誕生日なんです。誰も私に微笑みをくれたことなんてなかったんです。迷惑をかけたのはわかってます。でもね、初めて知ったんです。アイスコーヒーを一つ頼むのがこんなに難しいことだったなんて」

「難しい?簡単ですよ」と彼女は言い、ホットコーヒーを差し出す。