読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーク

しっとりとした空気。少し手がかじかむような寒さ。風が冷たい。

街灯に照らされた電柱よりも大きな凹凸の多い木。

アコースティックギターの音、じゃりじゃりと砂利を踏んで歩く音、カモの鳴き声、若い男性の喋りごえ。

自転車から放たれるLEDのライト、公衆トイレから漏れる暖かい光、自転車を照らす街灯、ギターの音色と混じり合う灯。

ベンチに座る男女。

「肌寒くなってきたね」と男が言った。

「手出して」

「はい」

「カイロ」

「もう冷めてるよ」

「え、まだ温かいよ。」と女はカイロを渡した瞬間、足の先から少しずつ体温が下がっていくのがわかった。

夜がやってくるように紫色に変わった空。

見えない自転車が右に左に走る音。

明日晴れるかな」と女が言った。

「風が強いらしいよ。」男の口の中はコチュジャンの匂いで臭いし、唾が止まらない。

街灯に照らされて、まるで人の波が縦横無尽に動いているような水面。