読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エビフライ定食

   とある定食屋、カップルが2人メニュー表を見ながら喋っている

女「うーん、迷うね」

男「俺はもう決めたよ」

女「え、なに?」

男「言わないよ。こういうことは言わないほうがいいじゃん」

女「いや、でも店員さんに伝えるときバレるよね」

男「そういうことじゃなくてさ、じゃあ今俺がエビフライ定食に決めたって言ったら、お前はエビフライ定食食べたかったのに同じものだとちょっとなーとかって思うわけじゃん」

女「うん?」

男「え?」

女「うん」

男「伝わってる?」

女「うん、で何にしたの?」

男「え?」

女「私はー」

男「(両耳を手で塞ぎながら)聞きたくない聞きたくない」

女「(手を上げて店員を呼ぶ)すいませーん」

   店員が来る

店員「お待たせいたしました。ご注文お決まりですか?」

女「エビフライ定食ください」

男「え?」

女「なに?」

男「(店員に向かって)えっと、僕もエビフライ定食で」

店員「かしこまりました。エビフライ定食がお2つですね」

   店員去る

女「一緒だったね」

男「え、なんでエビフライなの?」

女「エビフライ定食がどうのこうのって言ったから、あーエビフライもいいなって」

男「あれはさ」

女「(塩と書かれた容器を指差し)見て、あとちょっとしかない」

男「あれはさ、俺はエビフライ頼む気でいますよっていう伏線を少し張っといたわけじゃん。」

女「文房具屋っていい匂いするよね。私あの匂い好きだなー」

男「伏線張ってたのにさ」

女「え、なに?一緒のは嫌なの?」

男「別に嫌ってわけじゃないけど」

女「じゃあガミガミ言わないでよ。エビフライ美味しいねって一緒に笑えればそれでいいじゃん」

男「‥‥」

女「そういうとこ嫌い」

男「そういうとこ‥‥」

   店員がエビフライ定食を持って来る

店員「エビフライ定食お待たせいたしました。ごゆっくりどうぞ」

   食べ始める2人

男「(小声で)エビフライ美味しいね」

女「え?」

女、エビフライを味噌汁に落とす

女「あ」

男「あ」

   男、味噌汁に落ちたエビフライと自分のエビフライを交換して味噌汁に落ちたエビフライを食べる

男「エビフライ美味しいね」

女「美味しくない」

男「美味しいよ」

女「美味しくないけど美味しい」

男「美味しくないけど美味しい、だな」

   2人ともお互いの目を見てクスッと笑う