エビフライ定食

   とある定食屋、カップルが2人メニュー表を見ながら喋っている

女「うーん、迷うね」

男「俺はもう決めたよ」

女「え、なに?」

男「言わないよ。こういうことは言わないほうがいいじゃん」

女「いや、でも店員さんに伝えるときバレるよね」

男「そういうことじゃなくてさ、じゃあ今俺がエビフライ定食に決めたって言ったら、お前はエビフライ定食食べたかったのに同じものだとちょっとなーとかって思うわけじゃん」

女「うん?」

男「え?」

女「うん」

男「伝わってる?」

女「うん、で何にしたの?」

男「え?」

女「私はー」

男「(両耳を手で塞ぎながら)聞きたくない聞きたくない」

女「(手を上げて店員を呼ぶ)すいませーん」

   店員が来る

店員「お待たせいたしました。ご注文お決まりですか?」

女「エビフライ定食ください」

男「え?」

女「なに?」

男「(店員に向かって)えっと、僕もエビフライ定食で」

店員「かしこまりました。エビフライ定食がお2つですね」

   店員去る

女「一緒だったね」

男「え、なんでエビフライなの?」

女「エビフライ定食がどうのこうのって言ったから、あーエビフライもいいなって」

男「あれはさ」

女「(塩と書かれた容器を指差し)見て、あとちょっとしかない」

男「あれはさ、俺はエビフライ頼む気でいますよっていう伏線を少し張っといたわけじゃん。」

女「文房具屋っていい匂いするよね。私あの匂い好きだなー」

男「伏線張ってたのにさ」

女「え、なに?一緒のは嫌なの?」

男「別に嫌ってわけじゃないけど」

女「じゃあガミガミ言わないでよ。エビフライ美味しいねって一緒に笑えればそれでいいじゃん」

男「‥‥」

女「そういうとこ嫌い」

男「そういうとこ‥‥」

   店員がエビフライ定食を持って来る

店員「エビフライ定食お待たせいたしました。ごゆっくりどうぞ」

   食べ始める2人

男「(小声で)エビフライ美味しいね」

女「え?」

女、エビフライを味噌汁に落とす

女「あ」

男「あ」

   男、味噌汁に落ちたエビフライと自分のエビフライを交換して味噌汁に落ちたエビフライを食べる

男「エビフライ美味しいね」

女「美味しくない」

男「美味しいよ」

女「美味しくないけど美味しい」

男「美味しくないけど美味しい、だな」

   2人ともお互いの目を見てクスッと笑う

 

 

サイの気持ち、、、、翌日

朝起きると涙が流れていた。朝陽が眩しかった。俺は強くなんかなかった。自然に帰りたくなった。

サイの気持ち

みなもわかっているとは思うが俺は強いんだ。わかるか。この動物園の中で俺は1番強いんだ。そこらへんの奴らなんかよりずっと強いんだ。

でも、人間どもらは俺を馬鹿にする。馬鹿にするな。何を馬鹿にするかって?「サイのこの強靭な角は実は髭なんですぅ」なんて言って馬鹿にすんだ。いつだって人間はそうだ。

この角が出来上がるまでに何年かかったんだと思ってんだ。俺も何年かかったかなんて数えちゃいないが結構かかってんだ。今でも成長してんだ。馬や鹿なんかより強いんだ。

人間は角を馬鹿にしたあとに決まって餌をくれんだ。馬鹿にしてやがる。何度だって言うが俺を馬鹿にするな。

だがまぁ、馬鹿にされたあとに食う餌はなぜだか最高に美味い。

ドライブデート

昔、当時住んでいた栃木市から千葉の海岸までドライブデートをしたことがあった。僕はそのとき19歳で免許は持っていなかったので助手席に座った。デート相手は僕より5つ上の女性でアルバイト先の先輩だった。

 

その日は朝から小雨が降っておりデート日和とは呼べない日だった。そのせいで僕はあまり乗り気じゃなかったけれど、彼女は「雨のドライブもなかなか楽しいんだよ。ほら、ワイパーが喜んでる」と言ってはしゃいでいた。

僕は事前に家で焼いてきたCDをカバンから取り出し、彼女に何も言わずCDコンポに入れた。その頃流行っていたJポップが10曲以上流れ、ようやく海が見え始めたときにサザンオールスターズの「希望の轍」が流れた。彼女が「あ、この曲大好き」と言ったので「マジですか、僕、この曲聴きながらドライブしてみたかったんです」と返した。完璧な流れだと思った。雨は降っていたものの海を見ながらドライブするだけでこんなに楽しいものなのかと思ったことを覚えている。

海沿いを堪能したあとは千葉市内の飲食店でご飯を食べ、栃木に帰った。栃木に着いた頃には辺りもすっかり暗くなっており車の数も少なくなっていた。

僕の家まであと数分のところで、信号機のない十字路をまっすぐ行こうとしたとき、右からタクシーが突っ込んできた。彼女は思いっきりブレーキペダルを踏みハンドルを左に切った。僕には何が起こったのかよくわからなかったが事故にはならなかった。死ぬかとは思った。彼女はとっさに僕の手を取り彼女自身の胸に当て、息も絶え絶え「死ぬかと思った。ほら、もうバクバクが止まらない」と言い、僕も僕で興奮気味に「本当だ。でも僕たち死んでないです」と言った。僕は不謹慎にも笑ってしまい、それにつられて彼女も笑った。この瞬間、僕は彼女のことを好きになった。

無事に家まで送ってもらい、車から降りて僕は「先輩、僕たちまだ生きてますよ」とまた興奮気味に言った。先輩は少し引きつった笑顔で頷いた。その夜は朝まで眠れなかった。

 

 

柚子

今日、散歩がてら彼女を連れて僕の実家に行った。今彼女と住んでいる家から僕の実家までは30分ほど歩いた場所にある。彼女を連れて行くのはこれで5回目だ。

なぜか実家では誰かのお祝いのように豪勢な食事が並んでいた。母に「今日何かあったっけ?」と聞いたら、「イ・スンギ」と答えた。忘れていた。母は大好きな韓流ドラマの俳優の誕生日を祝うのが好きだった。父はただただ用意された豪勢なご飯を食べるだけで特に何も言わない。

彼女は僕の母と気が合うので会う度に2人して結構なお酒を飲む。母と楽しんでいる彼女を見ると、彼女のことがますます好きになる。

帰り際、母から「美味しいわよ」と言われ柚子をもらった。彼女は嬉しそうに「ありがとうございます。柚子ネードでも作ります」と言った。

めずらしく酔っ払い寝てしまった彼女をおんぶして家に帰った。彼女を寝室のベッドまで運び、僕はリビングで水を飲んだ。さっき母からもらった柚子がないことに気づいた。彼女が手に持っていたはずだから帰る道の途中で落としてしまったのだろうと思い、歩いてきた道をまた戻った。数分歩いたところに柚子は落ちていた。あったはあったが、カラスか何かに突かれたのか袋に穴が開いており半分以上はボロボロになっていた。持ち帰ってごみ箱に捨てた。彼女は相当酔っ払っているので、きっと明日になっても柚子のことは覚えていないだろう。このことは彼女に何も言わずそっとしておこうと思う。

f:id:shingakisan:20170131204830j:image

しゃぶしゃぶ

数年前、住んでいる街の駅前に屋台のラーメン屋があったので1度だけ入ったことがある。

帰る道すがら何度かその屋台を目にしたことはあったけれど、小心者の僕としては客の距離が近いし食べてるところを誰かに見られるのも嫌なので見て見ぬ振りをしていた。ただその日だけは、客が1人もいなかったので少し勇気を出して入ってみた。

店主は意外にも若く、若かりし頃の加山雄三に少し似ていてハツラツとしていた。席は4つで左端に座った。味噌ラーメンとビールを頼んだらすぐに出てきて、カップラーメンよりも早いなと思ったことを覚えている。そこまで腹が減っていたわけでもないし自分以外誰もいなかったのであまり急がずに食べた。すると間もなくして自分と同世代くらいの男性の客が右端に座った。その男性は店主に「いつもの」と頼み、すごい速さで醤油ラーメンか何かを平らげて出て行った。店主に「あの人速かったですね」と言うと、店主はナルトをつまみ食いして「まぁ、人生ってのはさ、俺たちが思ってるより遥かに早いスピードで終わんだよ。あっという間だぞ」と言ってニコっと笑った。味噌ラーメンの味はまあまあだった。

 

それから数日後、暇つぶしに新聞を読んでいたら「屋台でドラッグ販売」という見出しの記事があった。まさかと思い、よくよく読んでみると、数日前、味噌ラーメンを食べたあの屋台だった。どういう手法で売っていたかというと、スープを全て飲み干すと器の底にパッケージされたシャブがあるという仕組みだったそうだ。

ラーメンもシャブみたいなものなのに、そのうえ本物のシャブって、しゃぶしゃぶじゃねぇかよというくだらないダジャレを思いつき、僕はゲラゲラ笑った。

お人好し

かもめが鳴いている。私は1人ベンチに腰掛け、近寄ってきた猫に「寒いですね、もうすぐ春ですよ」なんて声をかけた。首輪をつけている。食べ物なんて持ち合わせていなかったので猫はシュンとして他のほうへと行った。

 

彼はいつものように上下灰色のスウェットを着てコンビニに行ってくると言って出て行った。今日は何味の饅頭を買ってくるんだろうカレーまんは嫌だなとか考えながら化粧水を顔につけた。

10分程経って彼が帰って来た。彼は飲めないお酒をたんまり持って「別れよう」と言った。私はなぜかすんなり「はい」と言った。なぜとも思わなかったし抵抗すらしなかった。美味くも不味くもない酒を彼のペースに合わせちょびちょび飲み、彼との最後のセックスをした。

 

今思い出すと、私は彼によく「2人で一緒にお酒が飲みたいよ」と言い、彼は決まって「いつかね」と言っていた。

 

あのとき、すんなり「はい」と言ったのに今こうしてかもめの鳴き声を聞くために、ここへ来ている。かもめが一斉に翔び立って行った。

 

寒いですね、もうすぐ春ですよ。